http://www.nta.co.jp/akafu/hokkaido-sp/
【赤い風船北海道スペシャルサイト ブログ】
         ☆北海道の旬な情報をお伝えします☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで“アナと雪の女王”!?旭川「雪の美術館」
“アナと雪の女王”に出てくるエルサの氷のお城にそっくり!と話題の
旭川にある「雪の美術館」にお邪魔してきました~

123

P8276205.jpg


1991年にオープンしたこの美術館は
旭川の「北海道伝統美術工芸村」にある施設のうちの1つとして建てられ、
装飾・展示とも雪の結晶をモチーフにした美しい施設です

ヴィザンチン建築様式を取り入れたヨーロピアンで荘厳な館内は、
アナ雪ファンならずとも、女子なら絶対好きな美しい館内。
最近ではドレスを借りてお姫様体験もできるようで、
この日も小さなお姫様がちらほら

期待に胸を膨らませつつエントランスを抜けると・・・
まず地下18mにも及ぶ豪華な螺旋階段が!


P8276163.jpg


欄干にも結晶モチーフが散りばめられたこだわりよう。

下から見るとまた雰囲気が変わって綺麗です


P8276171.jpg


そしてその奥には「氷の回廊」。
ひんやりとした空気に周りを見渡すと、
硝子1枚隔てた向こうはすべて氷の世界
ここも、エルサの魔法で凍ってしまった空間のよう。


P8276179.jpg

P8276181-1.jpg


さらに進むと、
美しい音楽堂やウェディング用の宴会場(ここもお城のように豪華!)、
そして今年オープンしたカフェが。


P8276188.jpg

P8276195.jpg


これでもか!という程に豪華な空間に、お客様みなさんウットリ・・・。

そして、最後に館の一番奥に鎮座するのが
壁一面に雪の結晶があしらわれた「結晶の部屋」


P8276214.jpg


ここが一番の「アナ雪ポイント」だそうで、
下から上まで見渡すと・・・まるでエルサがお城を作るシーンみたい!
なんとなく、手を伸ばしてエルサのようなポーズで写真を撮りたくなるような(笑)

施設では、この美しい館内を活かしてウェディングもやっているそう。
話題のスポット、ぜひ遊びに行ってみてくださいね
スポンサーサイト
阿寒の新しいイベント「夏希灯」!
阿寒国立公園指定80周年記念として今年から始まった阿寒の新しいイベントをご存知ですか?

その名も夏希灯(なつきとう)

夏希灯縮小

夏希灯とは・・・

「世界で唯一、マリモが美しい球体の姿で生息する神秘の湖「阿寒湖」
マリモに見立てたメッセージ入り光の球に願いと希望を込めて湖に流します。
遊覧船から眺め幻想的な夏の夜の阿寒湖をお楽しみ下さい。」
(阿寒観光協会HPより抜粋)

言葉だけでも何とも綺麗そうなイベント!

早速、イベントの様子を収めた写真を観光協会からいただきました

イベントに参加すると、まずこのようなセットを受け取ります。


IMG_4369.jpg


LEDライトを内蔵したプラスチックボールとメッセージカード、
そしてお土産の「アイヌのお土産ストラップ」

その後、いよいよ乗船!

船内ではマリモの生態などについての話を聞きながら、
願いを書いたメッセージカードを作成。


IMG_0871.jpg


そしてボールにメッセージカードを入れてふたを閉じて灯りを付けると・・・
淡い緑が美しい!なんとも癒される色


夏希灯4 (1)

夏希灯3 (1)

夏希灯5


沖合い300~400メートル程度まで移動したところでいよいよ放流!


夏希灯6 (1)


お客様が放流したボールのほかに
湖面にセットされている一回り小型の約3千個の電球にも明かりを付け
夏の夜の阿寒湖を、美しい緑で染め上げます。


IMG_0654.jpg

IMG_0884.jpg

夏希灯7


静かな湖面にぷかぷか浮かぶボールはなんとも幻想的。

私も早く行きたくなってきてしまいました・・・!

パワースポットとしても有名な阿寒湖。
この夏は、阿寒湖に願いを浮かべに行きませんか??

予約は赤い風船北海道ページへ!
イベント料込のお得なプランをご用意しています!
私が言うのもなんですが・・・今回はすごーくお得なお値段ですよ

さらに!
7月18日には「日本旅行北海道旅プラザ時計台店」にて店頭イベントも開催!

7月18日 12:00頃~

お得な限定リーフレットを配布
夏希灯プランももちろん入ってますよ

さらにさらに!なんと今回は!!

お申込先着100名限定で・・・
阿寒湖アイヌシアター「イコロ」の入場券もプレゼント!
幻想的なイベントの後はアイヌ古式舞踊を見て、北海道の歴史に触れてみませんか?

イベント詳細はまた追ってご報告予定

今年の夏は阿寒湖!お見逃し無く!!


★夏希灯★
期間・・・6月20日(金)~8月31日(日)
(7月10日は都合により中止といたします。)
スケジュール・・・19:40まりもの里桟橋出航~20:45まりもの里桟橋到着(約1時間)
料金・・・大人1,500円、小人1,000円(税込) ※定員200名
※上記料金には、遊覧船乗船料・アイヌのお守りストラップ・メッセージカードが含まれます。
洞爺湖周辺の美味しいジェラート!!
今回は洞爺湖で人気のジェラート屋さんのご紹介です


その名も「レークヒル・ファーム」!
洞爺湖畔の丘の上に建つこのお店は、羊蹄山なども望めるビュースポット。
生憎この日は天気が悪くて山は全く見えなかったんですけどね・・・


P6293976.jpg


それはさておき。


このレークヒル・ファーム、名前の通り牧場が経営しているのですが
何故か人気は「ジェラート」。
ソフトクリームを扱っていてこれももちろん美味しいのですが、
でも一番人気は「ジェラート」。


ということで早速「まきばのジェラート」ダブル(350円)を注文です。
今回私が頼んだのはかぼちゃとブルーベリーミルク。
色合いが若干・・・なのはご愛嬌(笑)


P6293930.jpg


他のメニューも、一般にあるようなジェラートのイメージではなく、
紫蘇やとうもろこし、白花豆・・・など北海道らしいものが並びます。
私が行った日はミルク系が多かったかな?
その時期により異なる20種ほどが並ぶようです。


早速注文したジェラートを食べてみると・・・


濃厚!
甘すぎずさっぱりとしながらも何ともどっしりとした食べ応え。
不思議な感覚。

大満足のジェラートでした


ちなみに、人気のジェラートの他にカフェレストランもある他
建物横の芝生コーナーは自由に遊ぶのもOK


P6293978.jpg


お弁当を広げたり、フリスビーなどをしたり、寝転がったり・・・


さらにウサギ、ポニー、ヤギなどもいるので家族連れでも楽しめますよ


P6293949.jpg

P6293965.jpg

P6293957.jpg
↑良い顔(笑)


洞爺に遊びに行った際はぜひ立寄ってみてくださいね


P6293920.jpg


レークヒル・ファーム
〒049-5724 北海道虻田郡洞爺湖町花和127
TEL:0120-83-3376
URL:http://www.lake-hill.com/html/item/index.html
【見られるのは夏至の前後数日だけ!】オプシヌプリに沈む夕陽
平取町にあるアイヌの聖地「二風谷」にあるオプシヌプリという山では
夏至の前後数日だけ見ることのできる絶景があります。

それは、山の尾根に開いた穴に夕陽が綺麗にすぽっと沈む光景

以前たまたま平取の駐車帯でこの「オプシヌプリと夏至」の看板を見たことがあり、
本当にそんな上手くいくの!?と半信半疑だった私。
ネットで調べてもそこまで情報が出てこないのも気になる・・・。

ということで、天気も良さそうだったので、真相を確かめるべく実際に向かってみました。

ちなみにその看板はこちら。


P6223883.jpg



「対岸の稜線の穴は幅14メートルあり、その昔アイヌ民族に生活文化を伝授したオキクルミという神が
一位の木の弓にヨモギの矢をつがえて射抜いたという伝説があり
明治三十一年までは上がつながり、本当の穴でした。その穴に夏至の前後10日間太陽がすっぽりと納まります。
自然と伝説があやなす壮大なドラマが展開されるのが六月二十二日午後六時より三十分間です。
その神秘性にあやかり、夏至まつりを行いますので当日あなたも、この場所へお出下さい。」
とのこと。


P6011585.jpg



期待に胸を膨らませつつ日没1時間前に到着したときは先着が3組・・・でしたが
日没が近付くにつれ地元の人がどんどん現れ、普段は人気のなさそうな駐車帯があっという間にぎゅうぎゅうに。

やはり地元では大切なイベントなのか、皆大盛り上がり。
「今年はいい天気だね」「ちゃんと見れるといいけどね」
そんな会話が広がり、私もちゃっかり会話に組み込まれたり(笑)
(看板を見て札幌から来たと言ったらものすごくびっくりされたのもご愛嬌・・・)

ところが日没が近付くと同時に空に雲がもくもく・・・
すると皆さっきまでの大騒ぎから一転して「雲、どけー!」と一丸となって願掛け。
なんだろう、この一体感(笑)

そして日没・・・皆の願いが通じたのか
重い雲の隙間から、なんとかギリギリ見ることができました!


10422566_486561471477205_7571107051901394063_n.jpg

10401443_486561444810541_8174066272499233374_n.jpg

10492193_486561434810542_3325067469130414046_n.jpg

10437446_486561568143862_2610315891894395887_n.jpg


き、綺麗・・・!
写真は上手くありませんが、実際に見ると本当に綺麗に夕陽が穴に沈んでいきます。
ゆっくり、もったいつけるように沈んでいく太陽。
昔アイヌの人が崇めたのが納得できるほど神秘的な光景です。

最後の沈む一瞬まで皆固唾を飲んで見送ります。

この時期だけの天体ショー、本当に素晴らしい体験をしました。

ちなみに、この平取町は義経伝説が残る場所でもあり
町内には義経神社という神社も残っています。
(※静御前と常磐御前の碑もあり、東北以北に残る伝説の中でもかなり本格的)
アイヌの人々に船の作り方を教えたという伝説もあるそう。


P6223722.jpg


他にも春に咲く日本最大のすずらん群生地や
やわらかい肉質の「びらとり和牛」に「ニシパの恋人」というトマトなど名産品も沢山。


P6223888.jpg
↑平取の人気店「くろべこ」さんのスペシャルステーキ♪
部位はいつも固定ではありませんが300gで1,680円!

平取町、ぜひ遊びに行ってみてくださいね

夕陽の次のチャンスは来年の夏至ですよ~!
サングラスなど遮光できるものも忘れずに!
静内・二十間道路 桜満開です!!
北海道が誇る桜の名所の1つ、静内の二十間道路に行ってきました!

満開はもう少し遅いかな・・・と思っていたのですが昨年より13日早く5月5日に満開宣言
暖かな陽気の中、満開の桜を見ることができました。


P5060798.jpg


P5060737.jpg


P5060804.jpg


P5060800.jpg


この「桜の名所百選」にも選ばれている桜並木はなんと全長7km!
7kmもの距離を桜のピンクが埋め尽くす光景はまさに圧巻です。

毎年開花時期を読むのが難しい場所ではありますが、
北海道に来たらぜひ1度は見て欲しい場所です。

さらに、この時期二十間道路とセットで楽しんで欲しいのがこちら・・・


春うに丼

P5050707.jpg


うには夏!というイメージが強いですが、日高のうにの旬は春!

日高昆布をたっぷり食べて育ったバフンウニは
産卵前のこの時期が一番身のつまりが良いそう。

粒も大きく口の中に入れるとトロっととろける!
そして甘い!!!

至福の瞬間です

ちなみに今回お邪魔したのは「お料理 あま屋」さん。
こちらのうに丼の特徴は、自家製「うに醤油」!


P5050695.jpg


醤油に粒まんまのうに!これをすり鉢ですりつぶし、
醤油がトロっとしたところで丼にかけていただきます♪


P5050708.jpg


写真の丼は、ウニ以外にもカニ・ツブ・イカ・エビ、さらに大粒のホタテが1ヶ入った大盤振る舞いの丼。
ぜ、贅沢・・・!

ぜひ堪能して欲しい人気の日高の「春の味」です。

市内では他にも複数店舗で春うにを提供されています。
ぜひお好みのお店を見つけてみてくださいね!


他にもサラブレッドや綺麗な夕日を満喫しながら
日高を後にしたのでした・・・

P5050675.jpg


P5060882.jpg





プロフィール

北海道赤い風船会

Author:北海道赤い風船会
北海道内各地より
たくさんの旬な情報を
お届けして行きます!!



Facebook



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。