http://www.nta.co.jp/akafu/hokkaido-sp/
【赤い風船北海道スペシャルサイト ブログ】
         ☆北海道の旬な情報をお伝えします☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くしろ湿原ノロッコ号
「くしろ湿原ノロッコ号」に乗ってきました

「くしろ湿原ノロッコ号」は1989年の運行開始以来人気の列車で、
北海道内に複数あるノロッコ号の先駆け的存在の列車です

今回は、釧路から塘路へ向かう列車に乗車しました。
ノロッコ号の先頭車両をホームから撮れるのは釧路駅のみとのことで
まずはさっそくパチリ



P9080868.jpg



社内は木を基調としたかわいい作りで、
席はテーブル付の対面テーブル席と、可動式のベンチ席の2種類。
床も高くしてあるので、より景色が見やすくなっているそう



P9080879.jpg



車内には売店もあり、オリジナルグッズや限定プリンなども
それだけで楽しくなってしまいます(笑)



P9080881.jpg



列車の乗車時間は50分ほど。
「開かずの水門」として有名な岩保木水門が見えてくると
ノロッコ号は減速を始め、ゆっくりと湿原内を進みます。



P9080892-1.jpg



前半は湿原や森が広がり、エゾシカたちがお出迎え。
(時にはタンチョウヅルが見えることも??)

細岡駅をすぎたあたりから、釧路川の蛇行を間近で見ることができます
窓を開けて、お客さん皆さん大興奮



P9080923.jpg


ぱっと見たら何でもない川ですが、
かつて海だった土地に土砂や泥炭が堆積して作られた土地だという話を聞くと
途端にすごい場所に見えてくるからびっくり。
釧路川だけでなく、そこかしこにある沼や池もかつての海の名残。
地球の壮大さを感じます。

釧路川に一番近付けるスポットでは、
こちらも人気のアクティビティ、カヌーで川下りをするお客さんがお出迎え。
カヌーから列車に手を振るのが人気だそう。
カヌーも気持ちよさそうですね~



P9080927-1.jpg



最後の蛇行を見送ると、列車は終着「塘路駅」へ着きます。
小さな小さな塘路駅には、列車を名残惜しそうに降りるお客さんと
塘路駅から釧路駅に向かって乗り込む人とで大混雑。
ここでも人気を伺えます。

ちなみに塘路駅まで行った人は車掌さんから乗車証明書をもらえます
これも旅の思い出


冬はSLも走るこの路線、季節列車でのんびり旅してみませんか?
スポンサーサイト


プロフィール

北海道赤い風船会

Author:北海道赤い風船会
北海道内各地より
たくさんの旬な情報を
お届けして行きます!!



Facebook



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。